ムーンショット型研究開発事業 目標2:2050年までに超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服 プロジェクトマネージャー(PM):片桐秀樹(東北大学大学院医学系研究科 教授)

研究概要

本プロジェクトでは、超早期の糖代謝異常の進行を抑え、正常に復する予防・治療法の開発、さらに、非侵襲的に超早期の糖代謝異常者や併発症者を検出する手法の開発を目指します。そのため、以下の1~4の研究開発項目内、および、研究開発項目間で密接に連携を取りながら研究を進めていきます。

研究開発項目1:臓器間ネットワークによる恒常性メカニズム解明と治療・診断法の開発

代謝や循環に関わる個体レベルでの恒常性を維持する臓器間ネットワーク機構の解明を進めます。特に、求心性経路の分子機構、中枢神経での統御機構、遠心性神経の活動実態、腸管を介した制御、液性因子による代謝関連主要臓器・組織の個体レベルでの制御機構について解明します。

研究開発項目2:糖尿病における多臓器変容メカニズムの解明と制御

糖尿病は多臓器の変容によっておこり、また、糖尿病になることで多臓器の変調をきたします。心・肝・脳・腎などの臓器や血管において、臓器の変容を機能・形態の両面から解析します。さらに、炎症細胞などの制御機構との関連やケトン体の投与効果などを検討し、治療・診断標的を提案し、実証につなげる研究を促進します。

研究開発項目3:ヒトでの生体情報を簡便に取得する技術の開発とヒトデータ解析

糖尿病や併発疾患は、特に病初期は無症状のことが多いです。接触・非接触デバイスによる生体情報、ゲノム、呼気を用いた糖酸化レートの解析からできる限り簡便かつ非侵襲的に糖尿病や併発症の早期段階を検出・予測できる手法を開発し社会実装することを目指します。

研究開発項目4:数理モデル解析による恒常性の理解とその応用

研究開発項目1、2の動物実験データ、研究開発項目1、2、3のヒト生体データを用いて、数理モデル解析を進め、重要要素の抽出による包括的な理解につなげます。

ムーンショット型研究開発事業 目標2:2050年までに超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現
恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服
プロジェクトマネージャー(PM):片桐秀樹(東北大学大学院医学系研究科 教授)
プロジェクトに関する問い合わせ先: moonshot-katagiri@proj.med.tohoku.ac.jp

Copyright © MOONSHOT RESEARCH & DEVELOPMENT PROGRAM. All rights reserved.