ムーンショット型研究開発事業 目標2:2050年までに超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服 プロジェクトマネージャー(PM):片桐秀樹(東北大学大学院医学系研究科 教授)

恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服 Challenge for Eradication of Diabetes and Comorbidities through Understanding and Manipulating Homeostatic Systems

プロジェクトマネージャー
片桐 秀樹
東北大学大学院医学系研究科
教授

2050年までに糖尿病やその併発疾患を超早期段階で簡便に発見しそれを克服することができる社会の実現を目指します。そのために、医学の各分野はもちろん、薬学、情報科学、工学、数学などの様々な領域の研究者と連携して、臓器間ネットワークを中心とした個体レベルでの恒常性を維持するメカニズム解明、糖尿病やその併発疾患の超早期段階の定義、その簡単な発見法の開発、改善方法の創出に向けた研究を精力的に展開しています。

News & Topics

2021.11.26
中村グループの総説"Central sympathetic network for thermoregulatory responses to psychological stress"がAuton Neurosci誌にオンライン掲載されました
2021.11.25
ウエブサイトを公開しました
2021.3.20
ムーンショット目標2 キックオフシンポジウムを開催しました

ムーンショット型研究開発事業 目標2:2050年までに超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現
恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服
プロジェクトマネージャー(PM):片桐秀樹(東北大学大学院医学系研究科 教授)
プロジェクトに関する問い合わせ先: moonshot-katagiri@proj.med.tohoku.ac.jp

Copyright © MOONSHOT RESEARCH & DEVELOPMENT PROGRAM. All rights reserved.